熱伝導率計測システム

ハクセフラックスは、プラスチック、複合材料、流体、ペースト、および土壌などの粒状材料の熱伝導率を専門的に測定するためのシステムを提供します。 壁や建物の外皮の熱抵抗またはh値の断熱材を現場で測定するために、TRSYS01を提供しています。 FTN02、MTN02、TNS02、およびTPSYSは、現場での熱抵抗率/熱伝導率測定および実験室分析用のニードル型システムです。

Contact us. At Hukseflux, we like a good technical conversation.

製品についてこちらからお問い合わせください

問い合わせ

よくあるご質問

熱特性の測定に適した測定器はどのように選べばよいのでしょうか

ハクセフラックスは、材料の熱特性評価と熱伝導率の測定に適した製品を幅広く提供しています。 

私たちは、適切な測定器を選択するためのサポートを提供します。しかし、その前に以下の質問を自問自答してください。

  • 分析すべき材料は何か?
  • 分析する材料は何か、例えば温度や圧力などの条件は?
  • どのような試料が入手可能か?
  • 私のアプリケーションに対応する規格はあるか?
  • どの程度の精度が必要なのか?

ハクセフラックスは熱伝導率測定システムおよびセンサーのトップメーカーです。土、プラスチック、塗料、複合材、ペースト、流体など、お客様の材料の熱特性を測定するための適切な機器を選択するのに役立つガイドをご用意しました。熱伝導率測定器の選択ガイドは、弊社がオンラインで提供しているガイド、ノート、ホワイトペーパーの各ドキュメント内にあります。 

ハクセフラックスは、最高品質の製品を納得のいく価格で提供することができます。どうぞお気軽にお問い合わせください。

熱伝導率を測定するための機器は

ハクセフラックスは、センサーやMCU(Measurement and Control Units)を含む測定システム一式を販売しています。 熱特性センサーは、現場や研究所で使用されるシステム型とニードル型があります。

これらの熱特性センサーTP02とTP08は、ユーザー自身で計測&制御機器、例えばCampbell Scientific社製CR1000Xなどを使用するための独立したプローブとしても入手可能です。

これらのセンサーはこちらでご覧いただけます。 

お探しのものが見つからない場合、お気軽にお問い合わせください。

熱伝導率計測

ハクセフラックスは、プラスチック、複合材料、流体、ペースト、および土壌などの粒状材料の熱伝導率を測定するためのセンサー、システム、およびサービスを提供します。

ハクセフラックスは、ニードル型熱伝導率センサーの設計における現在のマーケットリーダーです。これらのセンサーの主な用途は、土壌の熱伝導率と熱抵抗率の測定です。現場および実験室環境で使用するためのシステムおよびニードル型熱特性センサーを提供しています。

測定対象は次のとおりです。

熱伝導率
熱伝導抵抗
接触抵抗
熱抵抗
材料:土壌、複合材料、塗料、プラスチック、液体、粉末、ペースト、接着剤、食品、建物の外皮
標準化:ASTM、IEEE
適切な機器の選択を支援します。熱伝導率選択ガイドをご覧になるか、お問い合わせください。

ハクセフラックスは、許容可能な価格レベルで最高品質の製品を提供することができます。さらにサポートが必要な場合は、お問い合わせください。