MTN02 ラボ向けニードル型熱伝導率計測システム

多目的熱伝導率/熱抵抗率計測

MTN02は、土壌の熱伝導率と熱抵抗率の高速測定を実現します。 MTN02を使用した測定は、ASTMD5334およびIEEE442規格に準拠しています。 このシステムは、主に実験室(屋内)測定用に設計されていますが、オンサイト(フィールド)測定にも使用できます。 MTN02は、ハンドヘルド制御および読み出しユニットCRU02から操作および電力供給されます。

仕様
計測項目
  • 温度、熱伝導率、熱抵抗率
計測範囲
  • 0.1 to 6 W/(m·K) (一般的な土壌)
製品についてのご質問

仕様

計測項目
  • 温度、熱伝導率、熱抵抗率
計測範囲
  • 0.1 to 6 W/(m·K) (一般的な土壌)
動作温度範囲
  • from 0 to +50 °C
テスト方法
  • ASTM D 5334-14 and IEEE Standard 442-1981(03)
データ解析
  • CRUによる初期分析、PCでの測定の最終レビュー(ASTMでの要求事項)
測定の不確かさ (at 20 °C)
  • +/- (6 % of reading + 0.04) W/(m•K)
測定サイクル持続時間
  • 300秒(通常)
データ保存容量
  • 50計測分
TP07ニードル長
  • 0.12m
TP07直径
  • 3.5 x 10⁻³ m
データ通信
  • USB
マニュアル & ダウンロード

詳細

ラボまたは現場での計測

MTN02は、土壌の熱伝導率を実験室および現場で測定するための測定システムです。 測定には「サーマルニードル」を使用しています。 この方法では、ニードルに熱線と温度センサーを使用します。 MTN02測定システムは、挿入ツールIT03に取り付けられたサーマルニードルTP07と、制御および読み出しユニットCRU02で構成されています。 MTN02は使いやすいです。 針は土に挿入されます。 ユーザーは、ハンドヘルドCRU02から測定値の制御と読み出しを実行します。 測定結果は、加熱間隔中の温度と加熱電力の時系列の分析からCRU02によって即座に生成されます。

実験室での測定に適しています:MTN02は、主に実験室での測定を実行するように設計されています。 TP07は比較的細いため、一般的な標本(コアサンプル)を使用できます。 IT03は、針を試験片に垂直に挿入できる機械工場で一般的に使用されているレバーに取り付けることができます。

現場測定に適しています:土壌が比較的柔らかい場合は、MTN02を現場測定に使用できます。 より硬い土壌やより深い深度での測定の場合は、より強力な針と杖(FTN02など)またはガイドチューブの使用をお勧めします。 MTN02は、スタンドアロンユニットとして測定します。

推奨用途

  • 土壌標本の実験室分析
  • 地表に近い現場(現場)測定
  • オンサイト(フィールド)測定用の拡張機能付き(TNS02を参照)
MTN02 ラボ向けニードル型熱伝導率計測システム
MTN02 ラボ向けニードル型熱伝導率計測システム
  • 実験室および(現場での)現場測定に適しています
  • 硬い土やコンクリートに適しています
  • 簡単なデータ処理
  • ローカルキャリブレーション/適合性評価
製品についてのご質問