TPSYS20 熱伝導率計測システム

高性能熱伝導率計測システム

TPSYS20は、熱伝導率測定センサーであるTP02またはTP08ニードルプローブを使用して熱伝導率を測定するためのシステムです。 このシステムは、高精度の測定用に設計されています。 これは、土壌、堆積物、食品、塗料、接着剤、および高粘度流体などの分析に適しています。 TPSYS20熱伝導率計測システムは、実験室環境での熱伝導率測定に特に適しています。

仕様
計測項目
  • 熱伝導率、熱抵抗率
計測範囲
  • 0.1 to 6 W/(m·K)
製品についてのご質問

仕様

計測項目
  • 熱伝導率、熱抵抗率
計測範囲
  • 0.1 to 6 W/(m·K)
精度 (測定対象に依存します)
  • ± (3 % + 0.02 W/(m·K)) (k = 2)
測定サイクル
  • 3~10 分
テスト方法
  • ASTM D5334 - 14; IEEE 442-2017; ASTM D5930 - 17
センサー本体(発注時ご指定)
  • TP02 または TP08
測定サイクル持続時間
  • 200秒 (通常)
測定モード
  • •加熱のみ • 加熱および冷却
TP02/TP08仕様
動作温度範囲
  • -55 to + 180 °C
IP等級
  • IP68 (ニードルおよびケーブル)
ニードル長(TP02)
  • 150 mm
ニードル長(TP08)
  • 70 mm
MCU仕様
通信方法
  • LAN経由、USB
ユーザーインターフェース
  • webページ(MCU経由)
対応ブラウザ
  • Chrome 10; Firefox 4; Internet Explorer 9; Opera 11; Safari 5; 以上
電源電圧(MCU)
  • 10 to 16 VDC
動作温度範囲(MCU)
  • -25 to +50 °C
IP等級
  • IP54
サンプリングレート
  • 2 Hz
電源ユニット仕様
入力
  • 100 to 240 VAC 50/60 Hz
コンセント形状
  • Type A/B (USA); Type C/F (EU); Type G (UK); Type I (AU)
出力
  • 12 VDC 2.5 A
IP等級
  • IP40
オプション
  • TPSYS20-02, TPSYS20 TP02 プローブ付き
  • TPSYS20-08, TPSYS20 TP08 プローブ付き
マニュアル & ダウンロード

詳細

TPSYS20は、高精度に熱伝導率を測定するためのシステムです。 その主要構成品は、TP02ニードルプローブ(または短いモデルのTP08)、MCU測定および制御ユニット、およびソフトウェアです。 TP02およびTP08は、0.1〜6.0 W /(m∙K)の熱伝導率を測定するために設計されています。

TPSYS20は、特に実験室環境での熱伝導率測定に適しています。 必要に応じて、TPSYS20は12 Vバッテリーから電力を供給できるため、現場で使用することも可能です。 TPSYS20はPCと連動して動作します。 直感的で使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイスにより、ユーザーは測定パラメーターの設定、測定の制御、測定の進行状況の表示、測定データの表示とデータのダウンロードを行うことができます。

TPSYS20には、TP02またはTP08プローブが付属しています。 TP02には、針先に基準温度接合部があります。 これにより、ニードルの加熱部分と基準接合部の間の温度差を測定できます。 基準接合を使用すると、熱伝導率測定の試料温度ドリフトに対する感度が大幅に低下します。 詳細については、TP02のパンフレットを参照してください。

TP08は短いニードルであるため、少量のサンプル材料しか入手できない場合に優れた代替品になります。 TP08には基準温度接合部がありません。 詳細については、TP08パンフレットを参照してください。

TPSYS20を使用した測定は、IEEE Guide for Soil Thermal Resistivity Measurements(IEEE 442-2017)およびASTM D5334-14 Standard Test Method for Decision of Soil andSoftRockに準拠しています。 TPSYS20は、ISO認定実験室での使用に適しています。

TPSYS20は、主に実験室での使用を目的としています。 屋外の土壌測定については、Huksefluxでは、精度が低くなりますが屋外で使用するために設計されたFTN、MTN、およびTNSシステムをお勧めします。

TPSYS20は包括的なシステムですが、いくつかのアクセサリをご用意しています。高精度な校正には、専用のCRC01キャリブレーション用シリンダーをお使いください。硬質材料への挿入、またはプラスチック、セメント、埋め戻し資材の測定には、GTガイドチューブを適用できます。

  • CRC01 – キャリブレーション用シリンダー for TP02 and TP08
  • GT01 – TP08用ガイドチューブ(5本セット) 
  • GT02 – TP02用ガイドチューブ(5本セット)
  • CR1000KD – キャンベル製CR1000キーボードディスプレイ
  • TP02 – 予備センサーとして
  • TP08 – 予備センサーとして

推奨用途

熱伝導計測におけるニードルプローブシステムは、ニードルを簡単に挿入できる、微細な粒状材料、粉末、ペースト、ゲル、および高粘度の流体の熱伝導率を測定するのに特に適しています。 プローブを挿入するための穴を開けることができれば、岩などのより硬い材料も測定できます。 典型的な標本材料の例には、土壌、熱埋め戻し材料、堆積物、食品、湿性堆積物、塗料、接着剤が含まれます。

TPSYS20 熱伝導率計測システム
TPSYS20 熱伝導率計測システム
  • LANまたはUSBでのPC接続
  • 直感的で使いやすいグラフィカルユーザーインターフェイス
  • 高精度の熱伝導率測定
  • 様々な商用電源に対応可能
  • 加熱および冷却過程の測定と分析
製品についてのご質問