SRA15 アルベドメータ

Spectrally flat Class B アルベドメータ

SRA15シリーズは、全天日射量と反射日射量、および太陽アルベド(太陽反射率)を測定する装置です。SR15シリーズ日射計2台と、AMF03日射計取付キット1台で構成されています。AMF03には、グレアスクリーン1個、ロッド付き取り付け具1個、取り付け金具、工具が含まれています。日射計には熱電堆センサーが搭載されており、上側のセンサーは全天日射を、下側のセンサーは反射日射を測定します。日射計は、加熱機能付きのデジタル日射計SR15-D1、mV出力と加熱機能を備えたアナログ日射計SR15-A1、4-20mA出力付きのSR15-D2A2が用意されています。SRA15は最新のISOおよびWMO規格に適合しています。モジュール式のため、メンテナンスや校正が容易です。

仕様
計測項目
  • 上向き/下向き短波放射(全天日射量と反射日射量) アルベド
製品についてのご質問

仕様

計測項目
  • 上向き/下向き短波放射(全天日射量と反射日射量) アルベド
SRA15 仕様
  • :
取付方法
  • 直径15 x 10⁻³ m水平ポール
動作温度範囲
  • -40 to +80 °C range
SR15 仕様
  • :
センサー種類
  • 2台の独立した ISO 9060 Spectrally Flat Class B 日射計 SR15-D1, SR15-A1 または SR15-D2A2のいずれか
出力
  • アナログmV (SR15-A1)、Modbus RTU over RS-485 (SR15-D1)、 Modbus RTU over TTL または 4-20 mA (SR15-D2A2)
校正の不確かさ
  • < 1.8 % (k = 2)
キャリブレーション
  • WRR ISO 9847準拠
計測範囲
  • 0 to 2000 W/m²
温度応答特性
  • < ± 2 % (-10 to +40 °C)
ケーブル長
  • 5 m (see options)
オプション
  • ケーブル長 (10, 20 m)
マニュアル & ダウンロード

詳細

SRA15は、上向きと下向きの2つの同じ日射計モデルSR15で構成されています。SRA15を作成するために、2つのセンサーは1つのAMF03アルベドメータマウントキットに組み合わされます。 AMF03には、取り付け用のロッド付きフィクスチャーとグレアスクリーンが含まれています。ユーザーはこれらのモジュール部品を組み立てて、SRA15シリーズの光度計を作ります。AMF03には、取り付け用の金具、工具、取り付け・固定方法の説明書が含まれています。SRA15はモジュール式なので、メンテナンスと校正が簡単です。

アルベドメータは2つの日射計で構成され、上側の日射計は全天日射を測定し、下側の日射計は反射日射を測定する装置です。これにより、太陽アルベド、または太陽反射率、正味の太陽放射量を導き出すことができます。アルベドメーターは、一般気象観測、建築物理学、屋根反射率研究、気候研究、太陽熱集熱器のテストなどに使用されています。一般的な用途としては、気象観測所の一部として屋外の日射量バランスを測定することが挙げられます。アルベドメーターは、両面発電PVモジュールの性能モニタリングにますます人気が高まっています。この用途では機器水平維持が必要で、水準器とマウントロッドが付属しています。

SRA15日射計の使い方は簡単です。本装置は、2台の日射計SR15 Spectrally Flat Class Bで構成されており、上側は全天日射、下側は反射日射を測定しています。SR15-A1を使用する場合、日射計の出力であるmV電圧を感度で除することで、各方向の日射量(W/m2)を算出します。その他のモデルSR15-D1、SR15-D2A2モデルにはデジタル出力があります。日射計の動作原理と仕様は、SR15シリーズのユーザーマニュアルに記載されています。SRA15は、一般的に使用されているデータロギングシステムに直接接続することができます。

推奨用途

  • 両面発電太陽電池によるPVモニタリング
  • 高精度気象観測
  • 建築物理、屋根反射率調査
SRA15 アルベドメータ
SRA15 アルベドメータ
  • デジタル式日射計SR15-D1(加熱式)、アナログ式日射計SR15-A1(mV出力・加熱式)、4-20mA出力式日射計SR15-D2A2(加熱式)。
  • SRA15は最新のISOおよびWMO規格に適合しています。
  • メンテナンスと校正を容易にするモジュール設計
製品についてのご質問