SR05-A1 ClassC 日射計

Class C 日射計(アナログ出力)

SR05シリーズは、ISO9060のClassC要件を満たす最も手頃な日射計です。 SR05の視野角は180°で平面が受ける日射量をW /m²で測定します。 これは、農業などの気象観測ネットワークでの一般的な日射測定や太陽光発電モニタリングに最適です。 オプションのボールレベリングを使用すると、ポールへの取り付けと水平調整が簡単です。SR05-A1の出力はアナログ(mV)です。

仕様
主な目的・特徴
  • 汎用的な日射量の計測
ISO 9060:2018 クラス
  • spectrally flat Class C
IEC 61724-1:2017 規格
  • Class C
製品についてのご質問

仕様

主な目的・特徴
  • 汎用的な日射量の計測
ISO 9060:2018 クラス
  • spectrally flat Class C
IEC 61724-1:2017 規格
  • Class C
使用事例
  • 小規模太陽光発電所監視、気象学 / 気候学観測 、農業、産業 等
ヒーター
  • 無し
出力
  • アナログ出力(mV)
校正の不確かさ
  • < 1.8 % (k = 2)
キャリブレーション
  • WRR ISO 9847準拠
波長範囲
  • 285 to 3000 x 10⁻⁹ m
使用温度範囲
  • -40 to +80 °C
ケーブル長
  • 5 m
水平調整
  • ボールレベリング (オプション)
アナログ出力
  • mV
出力係数
  • 7~25 x 10⁻⁶ V/(W/m²)
オプション
  • ケーブル長 (5, 10, 20 m)
  • 両側コネクタ付延長ケーブル (10, 20 m)
  • ボールレベリング(水平調整機構)取付穴付 (BL01)
  • ポールマウント(25-40φ用パイプ取付)(TM01)

詳細

取付金具

オプションで、SR05には独自のボールレベリングメカニズムとパイプ取付金具があり、(非)水平面またはパイプに固定および水平調整が可能です。 

構造および信号出力

SR05日射計は、1重ガラスドーム内に黒色コーティングされた熱電堆を採用しています。本体はアルミ製で水準器を標準装備しています。SR05シリーズでは、mV出力の他に様々な計測用途に対応したデジタルおよびアナログ出力のラインナップがあります。

  • SR05-D1A3: RS-485 Modbus RTUおよび 0-1 V 出力
  • SR05-D2A2: TTL Modbus および 4–20 mA 出力
  • SR05-A1: mV 出力

推奨用途

  • general solar radiation measurements
  • (agro-)meteorological networks
  • PV power plant monitoring

よくあるご質問

How does a pyranometer work?

Why use a pyranometer?

How do I choose a pyranometer?

What is the difference between a pyrheliometer and a pyranometer?

SR05-A1 ClassC 日射計
SR05-A1 ClassC 日射計
  • Industry standard digital outputs: easy implementation and servicing
  • Easy mounting and levelling
  • Pricing: second class pyranometers finally affordable for large networks
製品についてのご質問