HFP01 熱流板

熱流板

HFP01は土壌および壁面、ビルディング関連における熱流測定の世界的に最も標準的なセンサです。熱抵抗値は本体にセラミックプレートを使用することにより小さくなっています。センサーは堅牢で安定性に優れています。センサーは一定ヶ所での長期観測に適しています。また観測場所の移動によるセンサーの再利用も可能です。土壌での測定を行う場合さらに精度が必要な用途には  HFP01SC のご使用を推奨いたします。

仕様
計測項目
  • 熱流
計測範囲
  • -2000 to +2000 W/m²
感度 (典型値)
  • 60 x 10⁻⁶ V/(W/m²)
製品についてのご質問

仕様

計測項目
  • 熱流
計測範囲
  • -2000 to +2000 W/m²
感度 (典型値)
  • 60 x 10⁻⁶ V/(W/m²)
検知エリア
  • 8 x 10⁻⁴ m²
外形(ガード部)に対する厚さ比
  • 5 m/m (ISO 9869 D.3.1要求基準)
センサ熱抵抗
  • 71 x 10⁻⁴ K/(W/m²)
厚さ
  • 5.4 x 10⁻³ m
校正の不確かさ
  • ± 3 % (k = 2)
動作温度範囲
  • -30 to +70 °C
ケーブル直径
  • 4 x 10⁻³ m
防水性
  • IP67
標準ケーブル長
  • 5 m
オプション
  • ケーブル延長 (10, 15, 20, 30, 40 m), 「黒」BLK-80 ステッカー,「金」GLD-80 ステッカー
オプション
  • ケーブル延長20mまで5m単位、20m以上10m単位
  • BLK-80「黒」ステッカー (放射熱流測定+対流熱流測定)
  • GLD-80 「金」ステッカー (対流熱流測定)
  • 「黒」「金」 – GLD ステッカーシリーズ 熱流計注文時に貼府可能
  • LI19 ハンドヘルドディスプレイ
マニュアル & ダウンロード

詳細

世界標準の熱流計測用センサー

HFP01 は物体からの熱流測定を行い エネルギーW/m²で合わらすことができます。センサーは熱電堆が内蔵されています。熱電堆はセラミックプレート製のHFP01センサー本体の温度差を測定します。熱電堆は電源を必要としないパッシブセンサーです。HFP01の使用は簡単です。標準的なデータロガーへ直接接続するだけです。熱流値( W/m² )はHFP01からの出力される微電圧値からセンサーの感度係数から計算します。,感度係数はHFP01に付属する校正証明書に明記されています。標準的な計測には一か所にセンサー2個以上での計測を推奨いたします。HFP01は土壌および壁面、ビルディング関連における熱流測定の世界的に最も標準的なセンサです。

堅牢で安定性に優れているセンサー

堅牢なケーブルおよび本体カバーにより、内部への水分の侵入を防ぎます。 HFP01は堅牢で案手製に優れています。土壌での長期観測や センサーの再利用が可能です。複数での計測にはTRSYS01が使用できます。

「黒」「金」ステッカーシリーズ

エネルギーの輸送や熱流に関してより詳しく知りたい場合は、Hukseflux はお客様使用環境にあった計測のご提案をいたします。 : FHP01に「黒」放射吸収、「金」放射反射のステッカーを使用することにより放射+対流や対流のみの計測が可能になります。「黒」と「金」の2枚を使用して放射「黒」-「金」のみの計測ができます。熱流センサーのご注文時にステッカーの貼付をご希望の場合は張った状態での出荷も対応いたします。ユーザ殿ご自身で張る場合は、ステッカーの取り扱い説明書およびインストラクションビデオを参照してください。

推奨用途

  • ビルディングでの熱流計測
  • U値 及び R値 計測
  • 土壌熱流計測
HFP01 熱流板
HFP01 熱流板
  • 低熱抵抗(壁や窓での計測に最適)
  • 広いガードエリア (ISO 9869 standard順規)
  • 低電気抵抗 (電気的なノイズの影響を低減)
  • 高感度(ビルディングなどの低熱流計測時にノイズの影響を低減)
  • 堅牢、丈夫なケーブル
  • IP 防水クラス: IP67 (屋外使用に最適)
製品についてのご質問